細胞に任せて治療する方法

>

病気やケガの治療に役立つ

自分で回復する能力

人間は、自分で病気やケガをしたときに治す能力を持っています。
その力を増幅させる治療方法が、再生医療になります。
薬などを使わなくていいので、身体への負担が軽いです。
薬を服用する場合は副作用が起こる可能性があります。
するとその薬を使用できないので、別の種類を見つけなければいけません。
患者に合った薬を見つけるまで、時間が掛かってしまいます。

再生医療は自分の力で治すので、完治まですばやいと言われています。
病気が長引かないので、精神的な負担も軽いでしょう。
また治療期間が短くなると、費用も安くなります。
ずっと薬をもらい続けていると、費用が高くなって支払えなくなってしまいます。
再生医療には、経済的負担を減らす効果もあります。

手術は大きな負担が掛かる

高齢になると、体力が低下します。
すると、手術の負担に耐えられなくなってしまうかもしれません。
せっかく治療法があるのに、体力がないことが原因で手術できなかったらもったいないですよね。
治療しないで放置していると、どんどん病気の症状が悪化してしまいます。
そこで、再生医療が注目されています。


再生医療は体内に細胞を注入するだけなので、負担が軽いです。
手術ができない人でも、安心して治療できますね。
また高齢者だけでなく、子供の病気を治療する時にも再生医療が使われます。
幼い子供は高齢者と同じように体力がないので、手術できないケースがあります。
それでも再生医療で病気を改善することができるので、諦めないでください。