細胞に任せて治療する方法

>

体内に細胞を入れることによって

腫瘍ができてしまうリスク

再生医療をすると、必ず病気が治るとは言い切れません。
また、今悩んでいる病気は解消するかもしれませんが、代わりに別の病気を発症することがあります。
細胞が主腫瘍に変わったり、ガン細胞が生まれることが考えられます。
すると今度はそちらの治療をしなければいけないので、身体的な負担や、経済的な負担が増えてしまいます。

ガンは、命を落とす可能性が高い病気でもあります。
そんな病気を発症するリスクがあるので、まだ簡単に再生医療を選択できないでしょう。
今後は、細胞を体内に注入しても別の病気を起こさせないような工夫が必要になります。
問題点を改善できれば、どんどん再生医療が使われるのでみんなが救われるようになるでしょう。

増える数に限界がある

細胞が増えて、傷ついた臓器を作り出します。
しかし今の医学の力では、細胞を希望通りの数に増やせない可能性があります。
せっかく新しい細胞を注入しても、数が増えなければ意味がありません。
そのため、再生医療が効かない人も見られます。
誰に細胞を注入した場合でも、正しく増やすことが今後の課題になります。

体内に注入する細胞でも、数種類があります。
それぞれの細胞にメリットとデメリットがあるので、さらに研究を進めて、デメリットをなくせるように努力しています。
今は日本だけでなく、世界中で再生医療が注目されています。
専門家が全力で研究しているので、再生医療が身近な治療方法になるまで、それほど長い時間は掛からないでしょう。